ウーマン

整体師を目指すなら資格が必須|なりたい職業の夢を叶える

期待されるほど高くなる

ナース

これからも高くなる予想

看護学校の偏差値は、予備校などがインターネットで公表されているデータを見ることでわかります。どのように集計しているのかは企業秘密と思われますが、関係者においても、かなり正確であるとされています。偏差値は、実際に看護学校を志望している受験生にとっては、重要な関心事ですので、傾向を簡単にお話しします。現在、少子高齢化のために医療のニーズが高まるととともに「看護師不足」という状況から、看護師の社会的ニーズが高まっています。また、看護学校を卒業しないと取得することができない国家試験を有することにより、医療関連の介護関係の職業より賃金が高いことも志願者の増加を招いています。このように志願者が多ければ多いほど、募集人員が限られているため、自ずと偏差値は高くなります。

挑戦の価値がある大学

かつては、専門学校3年で看護師の資格を取得し、看護師として医療機関に勤めることがほとんどでしたが、近年は看護師の社会的地位が向上し、医療業界でもチーム医療などにおいて、なくてはならない職業となりました。医師に次いでの専門的な職業と位置付けられているに間違いがありません。このためさらに高度な知識を習得できる看護学校が増え、国公立の4年制の大学においても医学部に医師を目指す、医学科とともに看護学科を併設することが多くなっています。このようにみると偏差値は高くなるのも当然と思われます。ただし、社会的地位が高まっていること、「看護師不足」と言われるほど、就職率が高いというより病院から必要とされています。求められているほどの職業は他にないので、看護大学に受験してみる価値はあります。